はなゆ (花柚) [Index] [Back]

Citrus hanayu

Citrus hanayu

わが国の原産とされていますが、真相は不明です。高さは3メートルほどになります。葉は楕円形で「ゆず」の葉よりも大きく、翼葉も小さくて目立ちません。3月から5月ごろ、芳香のある白色の花を咲かせます。果実は柑果(ミカン状果)で、9月から12月ごろ、黄色く熟します。果皮の表面は粗く凹凸があります。花や果実は、日本料理の香り付けなどに利用されます。果皮の香りは「ゆず」よりも弱いようです。別名で、「いっさいゆず(一才柚)」とも呼ばれます。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus hanayu。
英名はありません。
"Hana-yu" (Citrus hanayu) belongs to the family Rutaceae (the Citrus family). It is a small evergreen tree that is probably native to Japan, however, the truth is unknown. This tree grows about 3 m in height. The leaves are elliptic, smaller than the Yuzu (Citrus junos), and have small, inconspicuous petiole wings. The scented white flowers bloom from March to May. The fruits are hesperidiums, and ripen yellow in September to December. The skin of the friut is rough and uneven. The flowers and fruits are used as a flavouring in Japanese cuisine. Its scent of fruit skin is a little bit weaker than Yuzu's one.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp