はりもみ (針樅)

Picea polita

Picea polita

Picea polita

Picea polita

わが国の固有種で、本州の中部地方以西の太平洋側から紀伊半島
それに四国・九州に分布しています。山地に生え、高さは20メートル
ほどになります。樹冠は円錐形で、樹皮は灰褐色から灰黒色です。
葉は線形で、先端が鋭く尖ります。雌雄同株で、5月から6月ごろ花
を咲かせます。果実は球果で、卵状楕円形で下向きにつき、秋に褐
色に熟します。
マツ科トウヒ属の常緑高木で、学名は Picea polita。
英名は Tigertail spruce。
Tigertail spruce belongs to Pinaceae (Pine family). It is an evergreen tall tree
that is endemic to Japan and distributed from Pacific Ocean Side of Chubu
district west to Kii Peninsula of Honshu, Shikoku and Kyushu. This tree
occurs in the mountains and can reach about 20 m in height. The crown is
conical and the bark is grayish brown to grayish black. Leaves are linear
with pointed tips. It is monoecis, flowers come in May to June. Fruits are
ovate-elliptic, downward strobiles, and ripen brown in fall.
[上・中1〜2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。
[下] 同上にて、2006年02月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp