はるじおん (春紫苑)

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

Erigeron philadelphicus

北アメリカが原産です。わが国へは大正時代に園芸植物として渡来しました。高さは30〜60センチほどで、いまでは各地で見ることができます。名前は、春に咲く「しおん(紫苑)」ということから。花期は5月から7月ごろ。花色は、紅紫色からごく淡いピンク色までいろいろで、つぼみのうちは花序全体が項垂れます。
キク科ムカシヨモギ属の多年草で、学名は Erigeron philadelphicus。
英名は Philadelphia fleabane。
Philadelphia fleabane belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to North America. This herb was introduced into Japan in Taisho Era (about 90 years ago). It can reach 30-60 cm in height, and can find anywhere nowadays. The magenta to pale pink flowers come in May to July. It is defined by drooping clusters in the buds.
[上・中1] 茨城県神栖市太田にて、2008年05月16日撮影。
[中2・中9] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月09日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年4月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中5・中7] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年04月28日撮影。
[中6] 長野県松本市内田にて、2005年05月22日撮影。
[中8] 千葉県香取市下飯田にて、2008年04月16日撮影。
[中10] アメリカ・コロラド州テルユライド町にて、
2010年07月07日撮影。(photoby Jon Suehiro)
[中11〜12・下] 千葉県香取市仁良にて、2013年04月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp