はなたばこ (花煙草)

Nicotiana x sanderae

Nicotiana x sanderae

Nicotiana x sanderae

Nicotiana x sanderae

Nicotiana x sanderae cv. Tinkerbell

Nicotiana x sanderae

Nicotiana x sanderae

南アメリカやオーストラリアに分布している原種から改良された園芸品種です。高さは30〜50センチになり、4月から10月ごろまで花を咲かせます。星形の筒状花で、赤色やピンク色、紫色、白色などの花色があります。わが国で栽培されるようになったのは、専売制度の規制緩和が行われた1985年からです。写真中4の品種は「ティンカーベル(cv. Tinkerbell)」。 
ナス科タバコ属の多年草で、学名は Nicotiana x sanderae。
英名は Flowering tobacco。 
Flowering tabacco (Nicotiana x sanderae) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is a cultivar breeded from South American and Australian original species. This herb can reach 30-50 cm in height and bloom flowers from April to October. The flowers are star-shaped tubular with red, pink, purple or white flower-colors. In Japan, this herb was started to cultivate in 1985 when eased the regulations of tabacco monopoly.
[上・中1〜2] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、
2007年07月10日撮影。
[中3・中4] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] アメリカ・カリフォルニア州ティンバーコーブにて、
2010年11月20日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp