はたざおがらし (旗竿芥子) [Index] [Back]

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

Sisymbrium altissimum

ヨーロッパと北アフリカの地中海沿岸地方西部が原産です。今では北アメリカを含む、ほとんど全世界に帰化しています。放棄地や道端に生え、高さは30〜150センチになります。茎は直立し、上部でかなり自由に分枝します。葉は広披針形から長楕円形で、鋭い鋸歯または羽状に浅裂します。また、上部では羽状に分裂し、線形の裂片になります。5月から9月ごろ、開いて分枝した花序に、淡い黄色の花を咲かせます。果実は長さ4〜10センチの硬い長角果です。
アブラナ科キバナハタザオ属の一年草で、学名は Sisymbrium altissimum。英名は Tall tumble-mustard。
Tall tumble-mustard (Sisymbrium altissimum) belongs to the family Brassicaceae (the Mustard family). It is an annula herb that is native to the western part of the Mediterranean Basin in Europe and Northern Africa. It is also widely naturalized throughout most of the world, including all of North America. This herb grows in disturbed grounds or roadsides, and it can reach 30-150 cm in height. The stem is erect and rather freely branched above. The leaves are broadly lanceolate to oblong with sharp teethed to pinnately lobed, becoming pinnately cut into linear segments above. The pale yellow flowers bloom in open, branched clusters from May to September. The fruits are linear, rigided siliques 4-10 cm long.
[上・中1〜2] アメリカ・オレゴン州「スティンキング・ウォーター峠」にて、2013年06月11日撮影。
[中3〜中6] アメリカ・アイダホ州ツインフォールズ市にて、
2013年06月12日撮影。
[中7〜9・下] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp