はなとらのお (花虎の尾)

Physostegia virginiana

Physostegia virginiana

Physostegia virginiana

Physostegia virginiana

Physostegia virginiana

Physostegia virginiana

アメリカの中・南部からメキシコが原産です。わが国へは明治時代
に渡来しました。高さは60〜120センチほどになり、茎には4稜が
あります。8月から9月ごろ、茎の先の総状花序に淡紅色や白色の
花を咲かせます。別名で「かくとらのお(角虎の尾)」とも呼ばれます。
シソ科ハナトラノオ属の多年草で、学名は Physostegia virginiana。
英名は Obedience plant。
Obedience plant belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a
perennial herb that is native to central, southern USA and Mexico. This
herb was introduced into Japan in Meiji Era (about 120 years ago). The
stem is quadrangular and can reach 60-120 cm in height. The racemes are
borne on the stem apices and the pale rose-pink or white flowers bloom
from August to September.
[上] 大阪府大東市北条「飯盛山」にて、2006年09月30日撮影。
[中1] 岐阜県郡上市高鷲町「牧歌の里」にて、
2004年10月30日撮影。
[中2・中3] 岐阜県高山市高根町「野麦峠」にて、
2005年10月20日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp