ハオルチア・アテヌアータ (松の雪)

Haworthia attenuata

Haworthia attenuata

Haworthia attenuata f. britteniana

南アフリカのケープ地方が原産です。ファスキアタ種(Haworthia
fasciata)種に似ていますが、高さは12〜15センチほどになります。
ロゼット状の葉で、裏面の白い斑模様が特徴です。花茎を伸ばして、
白地に緑色の筋のある小さな花を咲かせます。写真下は、品種の
「ブリッテニアナ(f. britteniana)」。
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia attenuata。
英名は Zebra plant。
Zebra plant (Haworthia attenuata) belongs to the Liliaceae (the Lily
Family). It is an evergreen perennial herb that is native to the Cape
province of South Africa. This species is similar to Haworthia fasciata, and
can reach 12-15 cm in height. The leaves are arranged in rosette. They are
defined by white mottles on the rear surfaces. The flowering stalk is borne
and produces the small white flowers with green stripes. The bottom photo
is a form 'britteniana'.
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年12月13日撮影。
[下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp