ハオルチア・ファスキアタ (十二の巻)

Haworthia fasciata

Haworthia fasciata

Haworthia fasciata

南アフリカが原産です。高さは10〜20センチほどになり、無茎のロ
ゼット状の葉で、裏面の白い縞模様が特徴です。花茎を伸ばして褐
色の筋のある赤みがかった白色の花を咲かせます。和名では「ジュ
ウニノマキ(十二の巻)」と呼ばれます。
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia fasciata。
英名は Zebra haworthia。
Zebra haworthia belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen
perennial herb that is native to South Africa. This herb is stemless and can
reach 10-20 cm in height. Leaves form rosettes and are characterized by
whitish stripes on the reverse side. Reddish white flowers with brown lines
bloom on the flower stalks.
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年12月13日撮影。
[中] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp