ハオルチア・ラインワルドティ (鷹の爪)

Haworthia reinwardtii

Haworthia reinwardtii

Haworthia reinwardtii

Haworthia reinwardtii

南アフリカが原産です。濃緑色の葉は三角形で、塔状にロゼットを形成し、高さは15センチほどになります。葉の裏面には細かい白点があります。春に花茎を伸ばして、小さな淡い桃白色の筒状花を咲かせます。花弁には灰褐色の筋が入ります。別名で「たかのつめ(鷹の爪)」とも呼ばれます。
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia reinwardtii。
英名はありません。
Haworthia reinwardtii belongs to the family Liliaceae (the Lily Family). It is an evergreen perennial herb that is native to South Africa. The leaves are dark green, deltoid with fine white mottles on the rear surfaces, and form a tower rossete. This herb can reach about 15 cm in height. The flowering stalk is borne and produce small, pale peach-white, tubular flowers in spring.
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年01月10日撮影。
[中2] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp