ハオルチア・トルンカータ (玉扇)

Haworthia truncata

Haworthia truncata

Haworthia truncata

Haworthia truncata cv. Lime Green

南アフリカの西ケープ地方に分布しています。先端が平らな柱状の葉は4〜5センチほどで、扇形にならびます。平らな部分の半透明な窓から光を吸収しています。冬の降雨期に成長し、夏の乾燥期には休眠します。写真下は、園芸品種の「ライムグリーン(cv. Lime Green)」。 
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia truncata。
英名はありません。 
Haworthia truncata belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen herb that is distributed in the Western Cape region of South Africa. Column-like leaves with flat tips are about 4-5 cm in length and arranged in fan-like fashion. It absorbs light from a translucent window on a flat part. It grows in the winter rainy season and dorms in the dry season of the summer. The bottom photo is the garden cultivar 'Lime Green'. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年01月10日撮影。
[中1] 同上にて、2003年12月13日撮影。
[中2・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp