はぜのき (黄櫨の木)

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

Rhus succedanea

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州さらに東南アジアにかけて広く分布しています。山野に生え、高さは7〜10メートルになります。葉は奇数羽状複葉で、広披針形の小葉は4〜8対あります。雌雄異株で、5月から6月ごろ、円錐花序に小さな黄緑色の花を咲かせます。果実は核果で、秋に淡褐色に熟します。内果皮からは蝋が採れ、和蝋燭の原料にされます。「うるし」ほどではありませんが、人によってはそばを通っただけで被れることがあります。 
ウルシ科ウルシ属の落葉高木で、学名は Rhus succedanea。
英名は Wax tree、Haze。 
The Wax tree (Rhus succedanea) belongs to Anacardiaceae (the Sumac family). It is a tall deciduous tree that is distributed widely westward from Kanto district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan and Southeast Asia. This tree grows in mountains and fields and can reach 7-10 m in height. The are odd-pinnate compound with 4-8 pairs of broad-lanceolate leaflets. It is dioecious. The panicles are borne and the small yellowish green flowers bloom from May to June. The fruits are drupes and ripen pale brown in fall. The wax is obtained from the inner endocarps, and used as raw material of Japanese candle. This tree may be rarely cause a skin irritation. 
[上・中1・中9] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
007年05月22日撮影。
[中2・中3] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中4] 愛知県豊橋市雲谷町にて、2007年10月05日撮影。
[中5・中6] 愛知県幸田町大草「遠望峰山」にて、
2007年11月02日撮影。
[中7] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年12月06日撮影。
[中8] 同上にて、2005年11月18日撮影。
[中10〜11・下] 静岡県熱海市「アカオハーブ&ローズガーデン」
にて、2013年08月02日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp