ヘーベ

Hebe sp.

Hebe sp.

Hebe sp.

Hebe sp.

Hebe sp.

Hebe sp.

Hebe sp.

ニージーランドやオーストラリア、パプアニューギニアそれに南アメリ
カに分布しています。ヘーベ属にはおよそ100種以上があります
が、そのうちの90種はニュージーランドが原産です。欧米では広く植
栽され、園芸品種も数多く作出されています。高さは小さなものから
7メートルを超えるものまであります。葉は十字対生し、総状花序に
白色やピンク色、紅紫色の花を咲かせます、花冠は4裂し、2個の雄
しべが突き出します。
ゴマノハグサ科ヘーベ属の常緑低木で、学名は Hebe sp.(属の総
称)。英名は Hebe。
Hebe belongs to Scrophulariaceae (Figwort family). It is an evergreen small
tree that is native to New Zealand, Australia, Papua New Guinea and South
America. Hebe genus contains up to 100 species and the over 90 species
are native to New Zealand. There are many cultivars, and used as garden
trees in Europe and Unites States. This tree can reach 1-7 m in height. The
leaves are decussate, and the white, pink or magenta flowers come in the
racemes. The corolla is four-lobate and the 2 stamens are protruded.
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2005年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・中5] アメリカ・カリフォルニア州「ゴールデンゲートパーク」
にて、2004年04月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・ネアン州「コーダー城」にて、
2007年06月17日撮影。(photo by Aya Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp