へご [Index] [Back]

Cyathea spinulosa

Cyathea spinulosa

Cyathea spinulosa

わが国の四国南西部、九州南部から南西諸島、それに台湾や中国南部、東南アジアに分布しています。明るい林内に生え、高さは4メートル以上になります。根茎は直立し、先端部から放射状に広がる葉状体は、長さ2メートル以上になります。葉柄は紫褐色で、著しい棘と暗褐色の鱗片があります。
ヘゴ科ヘゴ属の常緑木性シダ類で、学名は Cyathea spinulosa。
英名は Large spiny tree fern。
Large spiny tree fern (Cyathea spinulosa) belongs to Cyatheaceae (the Tree-fern family). It is an evergreen tree fern that is distributed to south-western Shikoku, southern Kyushu and Ryukyu islands, and Taiwan, southern and Eastsouth Asia, This fern grows in open woodlands and can reach up to 4 m in height. The rhizome is erect and the fronds are radiating on the top of rhizome. The frond are up to 2 m long. The petioles are purple-brown and have many spines and dark brown scales.
[上・中] 福島県いわき市「いわき市フラワーセンター」にて、
2010年01月23日撮影。
[下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2008年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp