ヘレニウム・アウツムナレ (団子菊)

Helenium autumnale

Helenium autumnale

北アメリカに広く分布しています。湿地や湿り気のある草地などに生
え、高さは60〜150センチになります。葉は披針形で互生し、縁に
は細かい鋸歯があります。8月から11月ごろ、茎頂に直径2.5〜5
センチの黄色い花を咲かせます。真ん中の筒状花の部分が半球状
に盛り上がるため、和名では「ダンゴギク(団子菊)」と呼ばれます。
キク科ヘレニウム属の多年草で、学名は Helenium autumnale(syn. H.
autumnale var. canaliculatum)。英名は Common sneezeweed。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年08月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp