ヘレニウム・ビゲロウィイ [Index] [Back]

Helenium bigelovii

Helenium bigelovii

北アメリカの西部に分布しています。湿り気のある草地や湿地、川岸などに生え、高さは30〜90センチになります。葉は披針形から線形で、毛がなく、全縁で革質です。根生葉や茎の下部の葉は、短く翼のある葉柄があり、上部の葉は茎を抱きます。6月から9月ごろ、茎頂にふつうは1個の頭花を咲かせます。頭花には14〜20個の、下に反り返った黄色い舌状花と、黄色や褐色、赤色または紫色のボール形をした中心花があります。
キク科ヘレニウム属の多年草で、学名は Helenium bigelovii。
英名は Bigelow's sneezeweed。
Bigelow's sneezeweed (Helenium bigelovii) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to western North America. This herb grows in moist meadows, marshes, or streamsides, and it can reach 30-90 cm in height. The leaves are lance-shaped to linear, hairless, entire, and leathery. The basal and lower stem leaves have short, winged petioles, and the upper leaves clasp stem. The usually single flowerhead bloom atop of stem from June to September. The flowerhead has 14-20 yellow, reflexed downward, ray flowers and yellow, brown, red, or purple, ball-shaped disk flowers.
アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、
2008年08月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp