ヘリコニア・ビハイ [Index] [Back]

Heliconia bihai

Heliconia bihai

南アメリカ、なかでもブラジルやギアナが原産です。熱帯雨林に生え、高さは3.6メートルほどになります。葉は長楕円形で、1.8メートルの長さがあります。苞は、淡赤色から濃赤色の地に、黄色い縁取りと緑色の先端があります。
バショウ科ヘリコニア属の常緑多年草で、学名は Heliconia bihai。
英名は Macaw flower, Lobster claw, Red palulu。
Macaw flower belongs to Musaceae (Banana family). It is an evergreen perennial herb that is native to South America, specially Brazil and Guianas. This herb occurs in the tropical rainforests and can reach about 3.6 m in height. The leaves are oblong and 1.8 m long. The bracts are light red to dark red with yellow edges and green tops.
静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp