ヘレボルス・フォエティドゥス

Helleborus foetidus

Helleborus foetidus

Helleborus foetidus

ヨーロッパの西部から南西部に分布しています。林内や潅木帯に生
え、高さは30〜50センチになります。茎は直立し、葉は掌状複葉で
葉柄があり、狭披針形の小葉が7〜13個つきます。冬から春にかけ
て、総状花序をだし、釣鐘形の淡い黄緑色の花を咲かせます。花に
は悪臭があります。
キンポウゲ科ヘレボルス属の多年草で、学名は Helleborus foetidus。
英名は Stinking hellebore。
静岡県長泉町スルガ平「クレマチスの丘」にて、
2006年02月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp