ヘリコニア・ラティスパタ

Heliconia latispatha

Heliconia latispatha

中央アメリカのコスタリカが原産です。葉柄が集まった偽茎を形成
し、高さは2.5〜4メートルになります。花序は真っ直ぐに伸びます。
赤色や黄色に色づくのは苞葉です。写真は苞葉がかなり赤いので、
園芸品種の「レッド(cv. Red)」かも知れません。
バショウ科ヘリコニア属の常緑多年草で、学名は Heliconia
latispatha。英名は Golden lobster claw。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年02月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp