ヘリアンツス・マキシミリアニ

Helianthus maximiliani

Helianthus maximiliani

Helianthus maximiliani

Helianthus maximiliani

Helianthus maximiliani

Helianthus maximiliani

Helianthus maximiliani

北アメリカに広く分布しています。草地や大草原に生え、高さは1.2〜2.4メートルになります。葉は披針形で、灰緑色をしています。全体が短い毛に被われます。8月から9月ごろ、花茎を伸ばして鮮やかな黄橙色の花を咲かせます。頭花の直径は10センチほどです。
キク科ヒマワリ属の多年草で、学名は Helianthus maximiliani。
英名は Maximilian sunflower。
Maximilian sunflower (Helianthus maximiliani) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to most of North America. This herb grows in grasslands or prairies, and it can reach 1.2-2.4 m in height. The leaves are lanceolate and grayish green. The whole plant is covered with short hairs. The flowering stalks are borne and the bright yellow-orange flower-heads bloom from August to September. The flower-head is about 10 cm across.
[上・中1・中4] アメリカ・テキサス州バーネット市にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・コロラド州ユーレイ市にて、2010年07月05日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp