ヘレボルス・ニゲル

Helleborus niger

Helleborus niger

Helleborus niger

Helleborus cv. Sunmarble

Helleborus niger

ヨーロッパのアルプスやバルカン半島の北西部に分布しています。冷涼な気候の森の中や林縁に生え、高さは20〜40センチになります。ヘレボルス属の中では早咲きで、イギリスではクリスマスの時期に咲くことから、「クリスマスローズ」の名前がつけられました。またキリスト生誕の日に、ベツレヘムはこの花で広く被われていたといわれます。写真中3は園芸品種で、本種とステルニイ種(H. x sternii)を交雑した「サンマーブル(cv. Sunmarble)」。
キンポウゲ科ヘレボルス属の常緑多年草で、学名は Helleborus niger。英名は Christmas rose。
Christmas rose belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is an evergreen perennial herb that is distributed in the Alps to the northwest Balkan Peninsula. This herb grows in cool forests and forest edges, and can reach 20-40 cm in height. It is called Christmas rose which bloom at Christmas time in England. According to legend, Bethlehem hill was said to be covered with them at Jesus' birthday. The 4th photo is a cultivar 'Sunmarble' which intercrossing between H. x sternii.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2006年12月20日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月08日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2011年12月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp