ヘレボルス・オリエンタリス

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis

ヨーロッパから西アジアが原産です。わが国では、「クリスマスローズ」と呼ばれていますが、本来の「クリスマスローズ」とは、クリスマスの頃に咲くニゲル種(Helleborus niger)のことで、2月から3月に咲く春咲きのオリエンタリス種(Helleborus orientalis)は、「レンテンローズ」と呼ばれるものです。花弁のように見えるのは萼片です。
キンポウゲ科ヘレボルス属の常緑多年草で、学名は Helleborus orientalis。英名は Lenten rose。
Lenten rose (Helleborus orientalis) belongs to the family Ranunculaceae (the Buttercup family). It is an evergreen perennial herb that is native to Europe to West Asia. This herb is called "Christmas rose" in Japan, though the true one is Helleborus niger which blooms at Christmas time. Lenten rose blooms in February to March. The sepals look like petals.
[上] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年03月01日撮影。
[中1〜中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年03月19日撮影。
[中4] 同上にて、2006年03月24日撮影。
[中5・中6] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2007年02月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 千葉県香取市大角にて、2012年04月04日撮影。
[中10・下] 茨城県神栖市太田新町にて、2013年03月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp