ヘミグラフィス・アルテルナータ

Hemigraphis alternata

Hemigraphis alternata

Hemigraphis alternata cv. Exotica

インドおよびジャワ島が原産です。高さは15〜20センチほどになり
ます。葉は卵形から心形で、灰緑色で金属的な光沢があります。
裏面は暗い紫色です。夏に小さな鐘形の白い5弁花を咲かせます。
和名では「しそもどき(紫蘇擬き)」と呼ばれます。写真下は、葉が紫
褐色の園芸品種「エクゾティカ(cv. Exotica)」。
キツネノマゴ科ヒロハサギゴケ属の常緑多年草で、学名は
Hemigraphis alternata。英名は Red ivy。
Red ivy (Hemigraphis alternata) belongs to Acanthaceae (the Ruellia
family). It is a perennial evergreen herb that is native to India and the Java
Islands. This herb can reach 15-25 cm in height. The leaves are ovate to
cordate, grayish-green and waffled glossy. The abaxial sides are dark
purple. The flowers are small bell-shaped, white, five-petaled and bloom in
summer. The bottom photo is a purplish-brown leaved cultivar "Exotica".
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年08月16日撮影。
[中] 同上にて、2006年02月17日撮影。
[下] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2009年02月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp