へんとう (扁桃) [Index] [Back]

Prunus dulcis

Prunus dulcis

Prunus dulcis

Prunus dulcis

Prunus dulcis

Prunus dulcis

アジアの南西部が原産です。現在では、南ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどで広く栽培されています。高さは4〜9メートルほどになります。3月から4月ごろ、淡いピンク色の花を咲かせ、10月ごろに果実が熟します。種子の仁(じん)は、挽いて粉末にして菓子類など、またローストしたものはケーキや菓子類、ねり菓子などに利用されます。別名で「アーモンド」とも呼ばれます。
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus dulcis(syn. Amygdalus communis)。英名は Almond。
Almond (Prunus dulcis) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to southwest Asia. This tree is cultivated widely in south Europe, USA and Australia. It can reach about 4-9 m in height. The pale pink flowers come in March to April and the fruits ripen in October. The kernel is ground into a powder for use in confections and is roasted for use in cakes, confectionery or pastry.
[上・中1] 静岡県浜松市「浜松フルーツパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中2・中3] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年02月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・下] 同上にて、2016年02月09日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp