へらのき (箆の木) [Index] [Back]

Tilia kiusiana

Tilia kiusiana

Tilia kiusiana

Tilia kiusiana

Tilia kiusiana

わが国の固有種で、本州の近畿地方以西から四国・九州に分布しています。山地に生え、高さは10〜20メートルになります。樹皮は緑褐灰色で、老木になると鱗状に剥離します。葉は卵形から卵状長楕円形で互生し、鋭い鋸歯と尾状にのびる先端があります。7月ごろ、葉腋から集散花序をだし、淡黄色の花を咲かせます。名前は、この花序につく長楕円形の総苞葉のかたちから。
シナノキ科シナノキ属の落葉高木で、学名は Tilia kiusiana。
英名はありません。
'Hera-no-ki' (Tilia kiusiana) belongs to Tiliaceae (Linden family). It is a deciduous tall tree that is a endemic species of Japan. This tree is distributed westward from Kinki district of Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree occurs in the mountains and can reach 10-20 m in height. The barks are greenish-brown gray and furrowed into scaly ridges. The leaves are ovate to ovate-oblong, alternate with acute toothed edges and caudal tips. The cymes are borne at the axiles and bloom pale yellow flowers in July. The inflorescences have oblong bract leaves.
[上・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月10日撮影。
[中1〜中3] 同上にて、2007年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp