ヘルベルティア・ラフエ [Index] [Back]

Herbertia lahue

Herbertia lahue

Herbertia lahue

南アメリカのアルゼンチンやブラジル、チリ、ウルグアイに分布しています。森林地帯や草原地帯などに生え、高さは8〜15センチになります。葉は線形で、ほとんどが根生します。3月から5月ごろ、茎頂に花を咲かせます。外花披片は大きく広がり、淡い藤色で基部は白色です。一方、内花披片は小さく濃い藤色です。
アヤメ科ヘルベルティア属の多年草で、学名は Herbertia lahue。
英名は Prairie nymph。
Prairie nymph (Herbertia lahue) belongs to Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native South America; Argentina, Brazil, Chile and Uruguay. This herb grows in woodlands and prairies, and can reach 8-15 cm in height. The leaves are linear and mostly basal. The flowers bloom on the stem apices in March to May. The outer tepals are large, spreading, pale violet and white at base, and the inner tepales are small and dark violet.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年05月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp