ヘラクレウム・スフォンディリウム [Index] [Back]

Heracleum sphondylium

Heracleum sphondylium

Heracleum sphondylium

Heracleum sphondylium

Heracleum sphondylium

Heracleum sphondylium

ヨーロッパからアジア北部、アフリカ北部が原産です。湿り気のある草地や水路などに生え、高さは30〜150センチになります。葉は3回羽状複葉で、小葉はさらに分裂します。6月から9月ごろ、茎頂に複散形花序をだし、小さな白色の花を咲かせます。
セリ科ハナウド属の多年草で、学名は Heracleum sphondylium。
英名は Cow parsnip。
Cow parsnip belongs to Apiaceae (the Carrot family). It is a perennial herb that is native to Europe, northern Asia and North Africa. This herb grows in moist grasslands or ditches and can reach 30-150 cm in height. The leaves are tripinnate and divided into segments. The compound umbels are borne on the stem apices and the small white flowers bloom from June to September.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプ
ゼー」にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ
高山植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] スイス・ベルン州ミューレンにて、2009年06月30日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp