ヒューケラ・グラブラ [Index] [Back]

Heuchera glabra

Heuchera glabra

Heuchera glabra

北アメリカの北西部、アラスカ州から南にワシントン州やオレゴン州に分布しています。湿り気のある岩の崖や苔に被われた草地、川岸などに生え、高さは15〜60センチになります。根生葉は広い心形で、鋭い鋸歯のある5個の裂片に分裂し、無毛です。また茎葉は、根生葉よりも小さいものです。6月から8月ごろ、針金のような茎の先端につく小枝に、多くの小さく白い花を咲かせます。
ユキノシタ科ツボサンゴ属の常緑多年草で、学名は Heuchera glabra。英名は Alpine heuchera、Smooth alumroot。
Alpine heuchera (Heuchera glabra) belongs to the family Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is an evergreen herb that is native to northwestern North America, from Alaska south to Washington and Oregon. This herb grows on moist rocky cliffs, in meadows with mosses, in streambanks, and it can reach 15-60 cm in height. The basal leaves are widely heart-shaped, with five sharp-toothed lobes, and hairless. The cauline leaves are much smaller. The numerous, small, white flowers bloom in sprays topping wiry stems from June to August.
アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp