ヒューケレラ [Index] [Back]

X Heucherella cv. Stoplight

X Heucherella cv. Stoplight

X Heucherella cv.

X Heucherella cv.

ツボサンゴ属とズダヤクシュ属との属間交雑種です。1912年、フランスの エミル・ルモアンによって初めて交配されました。いろいろな特徴のある多くの品種があります。ほとんどの品種は、常緑葉の群生または小さなマウンドを形成します。春から初夏、花茎を伸ばして、白色からピンク色の花を咲かせます。写真上・中1の品種は、「ストップライト(cv. Stoplight)」。
ユキノシタ科ヒューケレラ属の多年草で、学名は X Heucherella cv.。
英名はありません。
Heucherella is a perennial herb that is a intergeneric hybrid of Heuchera and Tiarella. The first Heucherella was bred in France in 1912 by Emile Lemoine. There are many kinds and they have different characteristics. Most Heucherella form clumps or small mounds of evergreen foliage. The flower stalks are borne and the white to pink flowers bloom from spring to early summer.
[上・中1] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp