ひめあぶらすすき (姫油薄)

Bothriochloa parviflora

Bothriochloa parviflora

Bothriochloa parviflora

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに朝鮮半島南部
や中国、東南アジア、インド、オーストラリアに分布しています。暖地
の丘陵から山地に生え、高さは50〜80センチになります。茎は細
く、葉は線形です。7月から10月ごろ、茎頂に円錐状の花序をだし、
2〜3回分枝します。小穂は節に2個ずつつきますが、芒のある両性
の小穂と芒のない雄性の小穂が対になります。
イネ科ヒメアブラススキ属の多年草で、学名は Bothriochloa parviflora
(syn. Capillipedium parviflorum)。英名は Small-flowered cane。
大阪府枚方市穂谷にて、2005年10月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp