ひめありあけかずら (姫有明葛)

Allamanda neriifolia

Allamanda neriifolia

Allamanda neriifolia

Allamanda neriifolia

Allamanda neriifolia

Allamanda neriifolia

Allamanda neriifolia

Allamanda neriifolia

ブラジルが原産です。半蔓性でよじ登る傾向があり、高さは1.2〜1.5メートルになります。長楕円形の葉は、渦巻き状につきます。花は濃い黄色のトランペット形で、花弁の内側に淡い赤褐色の縞があります。「ハリセンボン」のような奇妙な果実をつけます。
キョウチクトウ科アリアケカズラ属の常緑小低木で、学名は Allamanda neriifolia。英名は Bush allamanda。 
Bush allamanda (Allamanda neriifolia) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is an evergreen shrub or semi-vine that is native to Brazil. This shrub can reach 1.2-1.5 m in height. Laeves are elliptic, and in whorls. Flowers are deep yellow, trumpet shaped, and have pale reddish brown stripes inside. Fruits are capsules, globose with long spines. They look like porcupinefish. 
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年03月19日撮影。
[中4] 同上にて、2005年10月22日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山動植物園」にて、2006年12月21日撮影。
[中5〜6・下] 同上にて、2017年08月03日撮影。
[中3] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp