ハイビスカス・リリイフロールス

Hibiscus liliiflorus

Hibiscus liliiflorus

Hibiscus liliiflorus

インド洋の南西部のマスカリン諸島(モーリシャス島、ロドリゲス島、
レユニオン島)が原産です。高さは2〜5メートルほどになります。葉
は楕円形で光沢があり、縁には鋸歯があります。枝先に近いところ
に赤色の花を咲かせます。花冠が完全に平開しないところから、「ゆ
りざきむくげ(百合咲き木槿)」の和名があります。
アオイ科フヨウ属の常緑低木で、学名は Hibiscus liliiflorus。
英名はありません。
Hibiscus liliflorus belongs to Malvaceae (Mallow family). It is an evergreen
small tree that is native to the southwest Indian Ocean, the Mascarene
Islands comprising of Mauritius, Rodrigues, Réunion Island. This tree can
reach 2-5 m in height. The leaves are elliptic with toothed edges. Red
flowers come near terminal branches. The collora do not open widely.
[上・中] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年01月25日撮影

Shu Suehiro
shu@botanic.jp