ヒベルティア・スカンデンス

Hibbertia scandens

Hibbertia scandens

Hibbertia scandens

Hibbertia scandens

Hibbertia scandens

Hibbertia scandens

オーストラリアの東部、クイーンズランド州東北部からニューサウスウェールズ州南東部にかけて分布しています。蔓性で他の樹木などに絡みつき、高さは2〜5メートルになります。葉は楕円形から倒卵形で、長さは3〜9センチあり全縁です。晩春から夏にかけて、大きな黄色い花を咲かせます。花は直径5〜7センチで、一年中見ることができ、1日から2日で萎みます。さまざまな気候に適応するため、広く植栽されています。
ビワモドキ科ヒベルティア属の蔓性常緑低木で、学名は Hibbertia scandens。英名は Golden guinea vine、Climbing guinea flower。
Golden guinea vine (Hibbertia scandens) belongs to the family Dilleniaceae. It is a small evergreen tree that is native to eastern Australia; from east-northern Queensland to south-eastern New South Wales. This is a woody vine and entwines itself around adjascent trees, and it can reach 2-5 m in height. The leaves are elliptic to obovate, entire and 3-9 cm long. The large yellow flowers, 5-7 cm across, bloom from late spring to summer. They can be found throughout most of the year and last one or to two days. It is planting widely, because of its high adaptation ability to environment.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2〜4・下] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2012年12月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp