ヒエラキウム・ラケナリイ [Index] [Back]

Hieracium lachenalii

Hieracium lachenalii

Hieracium lachenalii

Hieracium lachenalii

Hieracium lachenalii

ヨーロッパの大部分に分布しています。また北アメリカの北西部や北東部にも帰化しています。草原や道ばたなどに生え、高さは75センチ以上になります。茎の基部にある葉は灰緑色で、広楕円形または披針形、強い鋸歯があり、花期まで残ります。茎葉は基部の葉よりも小さく、葉柄はありません。淡い黄色で、基部のまわりに白色の毛がある頭花を、夏のころに咲かせます。果実は、濃い褐色の痩果です。
キク科ヤナギタンポポ属の多年草で、学名は Hieracium lachenalii。
英名は Common hawkweed。
The Common hawkweed (Hieracium lachenalii) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to most of Europe. It is also naturalized in northwestern and northeastern North America. This herb grows in fields and on roadsides, and it can reach up ot 75 cm in height. The leaves at base of stems are gray-green, broadly elliptical or lance-shaped, strongly toothed, and still present when plants are flowering. The cauline leaves are smaller and lacking a petiole. The pale yellow flowerheads have white hairs around the base, and bloom during all of the summer months. The fruits are dark brown achenes.
[上・中1〜3] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。
[下] スイス・ベルン州グリデンワルトにて、
2013年06月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp