ひめがま (姫蒲)

Typha angustifolia

Typha angustifolia

Typha angustifolia

Typha angustifolia

Typha angustifolia

Typha angustifolia

Typha angustifolia

Typha angustifolia

わが国の各地をはじめ、世界の温帯から熱帯地域に広く分布してます。海に近い平野の沼沢地に生育し、高さは2〜3メートルになります。葉は「がま」に比べて細く、1センチほどしかありません。6月から7月ごろ、円柱形の花序を伸ばしますが、上部の雄花群と下部の雌花群が5センチほど離れているのが特徴です。 
ガマ科ガマ属の多年草で、学名は Typha angustifolia。
英名は Small reedmace、Narrow leaf cattail。 
Small reedmace (Typha angustifolia) belongs to the Typhaceae (the Cattail family). It is a perennial herb that is distributed all over Japan and the temperate and tropical areas of the world. This herb grows in coastal lowland marches and can reach 2-3 m in height. The leaves are linear about 1 cm wide and narrower than reedmace. The columnar cluster is borne from June to July. The upper male cluster is separately-placed about 5 cm from underneath female one. 
[上・中1] 千葉県銚子市忍町にて、2007年07月12日撮影。
[中2・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中5] 同上にて、2006年07月22日撮影。
[中3] アメリカ・アーカンソー州「クイーンウィルヘルミナ州立公園」
2005年10月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・下] アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、
2010年07月03日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp