ひごくさ (籤草) [Index] [Back]

Carex japonica

Carex japonica

Carex japonica

わが国の各地に分布しています。道ばたや林縁などに生え、高さは30〜40センチになります。細長い根茎があり、疎らに叢生します。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして、茎頂に雄小穂と下部に雌小穂をつけます。若い雌小穂は、長く伸びた白い柱頭に被われます。名前は、細い茎が「竹籤(たけひご)」に似ていることから。
カヤツリグサ科スゲ属の多年草で、学名は Carex japonica。
英名はありません。
'Higo-kusa' (Carex japonica) belongs to Cyperaceae (Sedge family). It is a perennial herb that is distributed through Japan. This sedge occurs in roadsides or outskirts of woods and can reach 30-40 cm in height. It has elongated rhizomes and grows sparingly crowding. It is borne the apical male spikelets and lower female spikelets. The young female spikelets are covered with long white stigmas.
長野県安曇野市穂高牧「烏川渓谷緑地」にて、
2006年06月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp