ひめはちく (姫淡竹)

Phyllostachys humilis

Phyllostachys humilis

Phyllostachys humilis

Phyllostachys humilis

Phyllostachys humilis

Phyllostachys humilis

Phyllostachys humilis

Phyllostachys humilis

中国南部、またはわが国の温帯から亜温帯地域が起源と考えられています。マダケ属のなかでも最も小型で、枝が水平近くにでます。桿の節間は10〜18センチほどで、短毛に被われています。桿の色ははじめ紫色がかった緑色ですが、のちに黄緑色に変わります。
イネ科マダケ属のタケ類で、学名は Phyllostachys humilis。
英名は Leafy bamboo。
Leafy bamboo (Phyllostachys humilis) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a bamboo that is probably native to southern China or the temperate to subtemperate zone of Japan. It is a most small bamboo of whangees. The branches spread out almost on the level. The internodes of culm are 10-18 cm long and covered with short hairs. The culms are purplish green at first and turn into yellowish green later.
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年11月21日撮影。
[中2〜中4] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。
[中5〜6・下] 静岡県長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp