ひろはひるがお (広葉昼顔) [Index] [Back]

Calystegia sepium

Calystegia sepium

ヨーロッパからアジア、北アフリカ、北アメリカ、オーストラリアそれに南アメリカのアルゼンチンなどに広く分布しています。野原や道ばた、明るい林などに生え、他の植物の周囲に巻きついて高さは2〜4メートルになります。葉はやじり形で、らせん状につきます。花は直径3〜7センチの漏斗形で、白色または淡いピンク色に白色の条があり、晩春から夏の終わりに咲きます。
ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草で、学名は Calystegia sepium。
英名は Hedge bindweed、Larger bindweed。
Hedge bindweed (Calystegia sepium) belong to Convolvulaceae (the Bindweed family). It is a perennial herb that is distributed widely throughout Europe, Asia, northwestern Africa, and North America, and Australia, and Argentina in South America. This herb grows in fields, rodesides and open woods. It twines around other plants and can reach 2-4 m in height. The leaves are arrowhead shaped and arranged spirally. The flowers are funnel-shaped, 3-7 cm diameter, white, or pale pink with white stripes and bloom from late spring to the end of summer.
スペイン・バレンシア県プソルにて、2010年07月18日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp