ひめいずい (姫萎蕤)

Polygonatum humile

Polygonatum humile

Polygonatum humile

わが国の本州、中部地方以北と九州、それに朝鮮半島や中国東北
部、シベリアに分布しています。海岸や山地の草地に生え、高さは5
〜15センチになります。地下茎を伸ばして群生します。葉は長楕円
形から楕円形です。5月から6月ごろ、葉腋から1〜2個、小さな鐘状
の花を下垂して咲かせます。「あまどころ」を小さくしたような植物で、
和名は「あまどころ」の中国名「萎蕤(いずい)」によります。
ユリ科ナルコユリ属の多年草で、学名は Polygonatum humile。
英名は Dwarf Solomon's seal。
Dwarf Solomon's seal belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial
herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to
Hokkaido of Japan, Korean Peninsula, north-eastern China and Siberia.
This herb occurs in coastal or montane grasslands and can reach 5-15 cm in
height. It spreads by rhizomes. The leaves are oblong to elliptic. The small
1-2 bell-shaped, drooping flowers come in the axiles from May to June.
大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年04月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp