ひかんざくら (緋寒桜)

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

Prunus cerasoides var. campanulata

中国南部から台湾、琉球列島に分布しています。沖縄では1月から2月、本州中部でも3月には咲きます。鮮やかな緋紅色の一重の花を、下向きに咲かせます。「ひがんざくら(彼岸桜)」との混同を避けて、「かんひざくら(寒緋桜)」と呼ばれることもあります。1月ごろ、沖縄で桜が開花したとされるのは本種です。 
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus cerasoides var. campanulata。英名は Taiwan cherry。 
Taiwan cherry (Prunus cerasoides var. campanulata) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree taht is native to the Ryukyu Islands of Japan, Taiwan and southern China. This cherry blooms bright dark-rose flowers in early spring. They can be found in January to February at Okinawa, and in March at Honshu of Japan. 
[上] 大阪府四条畷市下田原にて、2004年04月03日撮影。
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年03月29日撮影。
[中3・中4] 福島県三春町滝にて、2008年04月23日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中5] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」
にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6・中7] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2009年03月29日撮影。
[中8〜中10] 茨城県北茨城市「五浦岬公園」にて、
2015年04月12日撮影。
[中11〜12・下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2017年02月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp