ひろはかつら (広葉桂)

Cercidiphyllum magnificum

Cercidiphyllum magnificum

Cercidiphyllum magnificum f. pendulum

Cercidiphyllum magnificum f. pendulum

Cercidiphyllum magnificum f. pendulum

Cercidiphyllum magnificum f. pendulum

わが国の本州、中部地方以北に分布しています。比較的標高の高い地域の沢沿いなど、湿潤なところに生え、高さは15〜20メートルになります。葉は深い心形で、長い枝では対生あるいはやや互生状につき、短枝では先端につきます。雌雄異株です。5月から6月ごろ、葉腋に小さな赤色の花を咲かせます。果実は黒紫色に熟します。写真中2〜4・下は、枝垂れタイプの一品種(Cercidiphyllum magnificum f. pendulum)。
カツラ科カツラ属の落葉高木で、学名は Cercidiphyllum magnificum。英名は Katsura tree。
Katsura tree (Cercidiphyllum magnificum) belongs to the family Cercidiphyllaceae. It is a tall deciduous tree that is native northward from Chubu district of Honashu. This tree grows moist places along streams on relatively high-elevations, and it can reach 15-20 m in height. The leaves are deep heart-shaped, arranged in opposite or alternate on long branches, and in clusters topping short branches. It is dioecious. The small reddish flowers bloom on the axils from May to June. The fruits ripen to black-purple.
[上・中1] 長野県伊那市長谷黒河内「南アルプス林道」にて、
2006年09月22日撮影。
[中2] アメリカ・ニューヨーク州「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[中3〜4・下] アメリカ・オレゴン州「チャイニーズガーデン」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp