ひかげのかずら (日陰の葛)

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

Lycopodium clavatum

わが国の各地をはじめ、北半球の温帯に広く分布しています。名前とは裏腹に、山地の日当たりのよいところに生えます。蔓のような長い茎を地面に這わせて、ところどころに短い枝を立ち上げます。夏に胞子のたくさん詰まった胞子嚢穂を出します。水に沈めてもなかなか腐らないので、池に投げ入れて金魚や鯉の産卵用の藻場に使ったそうです。
ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の常緑シダ類で、学名は Lycopodium clavatum。英名は Common club moss。
Common club moss (Lycopodium clavatum) belongs to the Lycopodiaceae family. It is an evergreen fern that is distributed widely all over Japan and the temperate region of Northern Hemisphere. This fern frows in sunny mountains. The stems are creeping and borne sparsely the short branches. The spore spikes are borne at the apex of shoot in summer. They resemble a tiny battle club, from which the common name derives. They are used for underwater forests in the ponds because of hard to decay.
[上・中1] 長野県阿智村「富士見台高原」にて、
2007年09月06日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2007年05月07日撮影。
[中4] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2004年07月03日撮影。
[中5] 岐阜県下呂市小坂町落合「濁河峠」にて、
2005年10月20日撮影。
[中6] 長野県小谷村北小谷「湯峠」にて、2005年08月30日撮影。
[中7] 岐阜県白川村「三方岩岳」にて、2004年08月08日撮影。
[中18・下] 同上にて、2016年08月20日撮影。
[中8・中9] 三重県松阪市飯高月出にて、2012年07月09日撮影。
[中10] アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。
[中11・中12] 長野県富士見町「入笠山」にて、
2013年05月05日撮影。
[中13・中14] 福島県二本松市「安達太良山」にて、
2014年09月06日撮影。
[中15・中16] 宮城県蔵王町「蔵王連峰」にて、
2015年09月05日撮影。
[中17] イギリス・スコットランド・ブリーマーにて、
2016年06月05日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp