ひめきんみずひき (姫金水引)

Agrimonia nipponica

Agrimonia nipponica

Agrimonia nipponica

Agrimonia nipponica

Agrimonia nipponica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。山地の谷沿い
や林内などに生え、高さは50センチほどになります。葉は3〜5出
羽状複葉で、小葉は楕円形、鈍鋸歯があります。8月から9月ごろ、
茎頂や葉腋から総状花序をだし、黄色い花を咲かせます。「きんみ
ずひき」との違いは、花の直径が5〜7ミリと小さくて花弁が細く、果
実もより小さいところです。
バラ科キンミズヒキ属の多年草で、学名は Agrimonia nipponica。
英名はありません。
"Hime-kin-mizuhiki" (Agrimonia nipponica) belongs to the Rosaceae (the
Rose family). It is a perennial herb that is native to all over Japan and the
Korean Peninsula. This herb grows in the montane valleys and forests, and
can reach about 60 cm in height. The leaves are trifoliate to pentafoliolate
with elliptic and obtuse serrated leaflets. The racems are borne on the stem
apices and axils, and the yellow flowers bloom from August to September.
The flowers are 5-7 mm across, smaller than "Kin-mizuhiki", and have
narrow petals. The fruits are also smaller than "Kin-mizuhiki".
[上・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2009年08月14日撮影。
[中1] 岡山県美咲町藤田上にて、2004年08月25日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年09月10日撮影。
[中3] 同上にて、2006年09月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp