ヒマラヤきんしばい (ヒマラヤ金糸梅)

Hypericum hookerianum

Hypericum hookerianum

Hypericum hookerianum

ヒマラヤの周辺、中国の西部からタイ、ミャンマー、インドにかけて分
布しています。高さは1.2〜1.8メートルくらいの潅木で、卵形から
長楕円形の葉が対生します。7月から8月ごろ、枝先の集散花序に
直径5センチほどの黄色い花を咲かせます。
オトギリソウ科オトギリソウ属の落葉小低木で、学名は Hypericum
hookerianum。英名はありません。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp