ひごろもこんろんか(緋衣崑崙花)

Mussaenda erythrophylla

Mussaenda erythrophylla

Mussaenda erythrophylla

Mussaenda erythrophylla

Mussaenda erythrophylla

アフリカの中部、コンゴが原産です。高さは2〜3メートルになりま
す。花は5月から11月ごろまで咲き続けます。赤い花びらのように
見えるのは萼片で、そのうちの1個が葉と同じくらいの大きさになり
ます。ほんとうの花は、厚みがある小さな筒状花で白色です。
アカネ科コンロンカ属の常緑低木で、学名は Mussaenda
erythrophylla。英名は Red flag bush。
Red flag bush (Mussaenda erythrophylla) belongs to Rubiaceae (the
Madder family). It is a small evergreen tree that is native to central Africa,
Congo. This tree can reach 2-3 m in height. The flowers carry on bloom
from May to November. The calyx lobes are red and resemble to petals.
One of them grows about the size of leaf. The true flowers are white, small
tubular and thick.
[上・中1〜2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2002年06月16日撮影。
[中3・下] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp