ひめこうぞ (姫楮)

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

Broussonetia kazinoki

わが国の本州、岩手県以南から四国・九州それに朝鮮半島や中国南部に分布しています。山地の林縁などに生え、高さは2〜5メートルになります。葉は左右非対称の卵形で、切れ込みのないものから2〜3深裂するものまであります。葉柄は1センチほどしかありません。4月から5月ごろ、葉腋に球状の花序をつけます。長い糸状の花柱が伸びているのが雌花序です。初夏には果実が赤く熟し、甘くて食べることができます。樹皮は、和紙の原料として採取されてきました。
クワ科カジノキ属の落葉低木で、学名は Broussonetia kazinoki。
英名はありません。
"Hime-kozo" (Broussonetia kazinoki) belongs to the family Moraceae (the Mulberry family). It is a small deciduous tree that is distributed southward from Iwate prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu, as well as the Korean Peninsula and southern China. This tree grows in montane forest edges and can reach 2-5 m in height. The leaves are asymmetric ovate and non-laciniate or deep bilobate to trilobate. The petioles are about 1 cm long. The ball-shaped clusters are borne on the axiles from April to May. The female clusters have long filaceous styles. The fruits ripen red in early summer and edible. This tree has been used to Japan paper making by its fibres of bark.
[上・中1〜3] 岐阜県御嵩町古屋敷にて、2005年05月01日撮影。
[中4] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2006年05月15日撮影。
[中5] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
004年05月12日撮影。
[中5・中6] 群馬県沼田市利根町にて、2010年06月27日撮影。
[中7] 大阪府四条畷市逢阪「清滝峠」にて、2006年07月15日撮影。
中8] 大阪府高槻市田能にて、2006年07月19日撮影。
[中9・中10] 千葉県香取市田部にて、2010年06月24日撮影。
[中14・中15] 同上にて、2011年06月29日撮影。
[中16〜18] 同上にて、2012年04月25日撮影。
[中11〜中13] 群馬県みなかみ町大沼にて、
2009年07月26日撮影。
[中19]千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中20〜21・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

SRC="images/spacer.gif" WIDTH="1" HEIGHT="20" BORDER="0" ALT="">