ひめくろもじ (姫黒文字)

Lindera lancea

Lindera lancea

わが国の本州、静岡県以西の太平洋側から瀬戸内海側、それに四
国東部や九州の北部と南部に分布しています。山地に生え、高さは
3メートルほどになります。葉は長さ5〜10センチの倒卵形から長楕
円形で互生します。新葉には長い絹毛が多く見られます。雌雄別株
で、4月ごろ、小さな黄色い花を咲かせます。ひとつの花序に3〜5
個の花しかつきません。果実は液果で、9月から10月ごろに黒色に
熟します。
クスノキ科クロモジ属の落葉低木で、学名は Lindera lancea。
英名はありません。
大阪府千早赤阪村水分「金剛山」にて、2006年04月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp