ひまつり (火祭り)

Crassula erosula cv. Campfire

Crassula erosula cv. Campfire

Crassula erosula cv. Campfire

Crassula erosula cv. Campfire

南アフリカ原産の「クラッスラ・エロスラ(Crassula erosula)」の園芸品種です。高さは20〜30センチですが、60〜90センチほどに広がります。多肉質の葉はプロペラ状で、夏には黄緑色ですが、寒くなると紅葉します。秋に長い花序をだして、小さな白い花を咲かせます。 
ベンケイソウ科クラッスラ属の常緑多年草で、学名は Crassula erosula cv. Campfire。英名は Campfire crassula。 
Campfire crassula (Crassula erosula cv. Campfire) belongs to the Crassulaceae (the Orpine family). It is an evergreen herb that is a cultivar of Crassula erosula; native to South Africa. This herb grows up 20-30 cm in height and spreads 60-90 cm in width. The leaves are propeller-shaped, yellowish green in summer and turn red when it gets cold. The long clusters are borne and bloom small white flowers in fall. 
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年11月23日撮影。
[中2] 同上にて、2004年01月04日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州メンドシーノにて、
2016年09月20日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp