ひめしゃら (姫沙羅)

Stewartia monadelpha

Stewartia monadelpha

Stewartia monadelpha

Stewartia monadelpha

Stewartia monadelpha

わが国の固有種で、本州の近畿地方以北から神奈川県、それに四
国・九州に分布しています。山地に生え、高さは15メートルほどにな
ります。樹皮は淡い赤褐色で平滑、紙状に剥離します。葉は楕円形
から長楕円形で互生し、縁には浅い鋸歯があります。5月ごろ、本年
枝の葉腋に白色の花を咲かせます。果実は刮ハで5個の稜がありま
す。
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木で、学名は Stewartia monadelpha。
英名はありません。
"Hime-shara" (Stewartia monadelpha) belongs to Theaceae (the Tea
family). It is a deciduous tall tree that is native to Japan, northward from
Kinki district to Kanagawa prefecture of Honshu, Shokoku and Kyushu of
Japan. This tree grows in mountains and can reach about 15 m in height.
The barks are pale reddish-brown and peel paper-thinly. The leaves are
elliptic to oblong and alternate with slightly toothed edges. The white
flowers come in the axiles of new branches in May. The fruits are quinqu-
angular capsules.
[上・中1] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中3・下] 同上にて、2006年11月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp