ひめうつぎ (姫空木)

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

Deutzia gracilis

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州に分布しています。山地の岩壁などに生え、高さは1メートルほどになります。葉は披針形から楕円形で互生します。「うつぎ」に比べて星状毛が少ないのが特徴です。5月から6月ごろ、芳香のある白い花を咲かせます。「うつぎ」や「ばいかうつぎ」とともに、よく庭園に植栽されます。 
アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、学名は Deutzia gracilis。
英名は Slender deutzia。 
The Slender deutzia (Deutzia gracilis) belongs to the Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is a small deciduous tree that is native to westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu of Japan. This tree grows in montane cliffs and can reach about 1 m in height. The leaves are lanceolate to ellipric and alternate. It is defined by far less stellate hairs than Deutzia. The fragrant white flowers come in May to June. Slender deutzia and Deutzia are usually planted in gardens. 
[上・中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年04月21日撮影。
[中1] 同上にて、2007年04月26日撮影。
[中2] 長野市松代温泉にて、2006年05月18日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 群馬県安中市松井田町「碓氷峠」にて、
2009年05月24日撮影。
[中6〜中8] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2011年05月04日撮影。
[中9〜中12] 山梨県甲州市大和町にて、2014年05月24日撮影。
[中13〜15・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

"20" BORDER="0" ALT="">