ひめゆり (姫百合) [Index] [Back]

Lilium concolor

Lilium concolor

わが国の本州、東北地方南部以南から四国・九州、それに朝鮮半島や中国、アムール地方に分布しています。日当たりの良い山地の草原に生え、高さは30〜80センチになります。茎は直立し、線状披針形の葉が互生します。6月から7月ごろ、茎頂に朱赤色の花を上向きに咲かせます。
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium concolor。
英名はありません。
'Hime-yuri' (Lilium concolor) belongs to Liliaceae (lily family). It is a perennial herb that is native from southern Tohoku district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, Korean Penninsula, China and Amur. This herb occurs in sunny montane grasslands and can reach 30-80 cm in height. The stem is erect, the leaves are linear-lanceolate and alternate. The vermillion-red flowers are upright and come from June to July.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp